2018年を迎えて

新年あけましておめでとうございます。

2017年は何かと慌ただしく、結果ほとんどが中途半端に終わってしまい、反省のみを残してしまいました。
いろいろご心配をおかけしましたかと思いますが、年も明けて心機一転、業務に励んでまいります。

今年も毎年作成してます「事業計画書」を、元日から作成いたしました。

将来の目標を具体化したり、スタッフとの意思疎通を図ったり、金融機関に提出したりと重宝しますので、毎年力を入れて作成しておりますが、今年は昨年の反省を踏まえて、更に力を入れ、検討に検討を重ねること丸2日、A4サイズ1枚にまとめました。

昨年もっとも反省すべき点は、事業計画に思いを盛り込み過ぎた点でした。

私、こう見えても意外と律義な性格でして、計画通りきっちり進めようとして、思いを盛りすぎた計画に結局追いつけず、何を取り掛かればよいか分からなくなり、業務が滞りがちになり、事業計画を放り投げてしまった次第です。

例えるなら、懐石料理と中華料理とフランス料理のフルコースを一度に注文して、食べてる途中に何を食べればいいか分からなくなり、更には何を食べたか分からなくなり、ついにはいやいや食べてる時間が無駄に思えてきて、お金を払って残してしまったような感じで、無駄な時間と経費を使ってしまいました。

なので、2ヵ月ほど前から、現状を精査して、足りないことや足したいことを洗い出し、この中から必要なことを順位付けした結果、一番最初に取り掛かるべきは「事業計画書をコンパクトにまとめる」ことと思い、実行してみましたが、作ってみて初めて、「これならいける!」って気になりました。

A4サイズ1枚にまとめる過程で、まず検討すべきは、なぜこの計画が必要かと、必要ならその手段と費用と期限であり、これらを簡潔にまとめられないなら、まとめられない原因を考え、まとめられない原因が究明できず、または原因を解決する方策が見つからなければ、実行不可能の可能性が高いと判断しました。

結果、だいぶスリムになりましたが、スケジュール表に落としてみると、意外とこの程度が実行可能な限界ではないかと思えるほどのスケジュールになっています。

これが予定通りに進められるかは、今後の活動次第ですので、身を引き締めて取り掛かりたいと思います。

もちろん各方面の協力あっての実行ですので、取引先の皆様にはご協力をお願いいたしたく思います。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です