風営法の改正①

しばらく休みなく仕事をしていましたので、久しぶりの更新となってしまいました。

今日は以前から考えていた風営法改正の話です。
平成27年6月24日に公布されました改正風営法ですが、公布と同時に第2条第1項第4号営業の「ダンスホール」は削除されました。
今までダンスホールを営んでいた皆様には、許可書を返納するよう何かしらの連絡がすでに届いていると思います。

残りの改正部分は平成28年6月23日施行なので、未だ適用はされていませんので、私も従来通りの許可申請を行っておりますが、そう遠くない時期に改正された内容での許可申請が始まるのではないかと思っています。

大きな改正としては、風営法で定められる「風俗営業」の内容が変更されることなのですが、概ね次のような感じです。

現行法第1号営業「キャバレー」  → 改正法第1号営業
現行法第2号営業「社交飲食店」  → 改正法第1号営業
現行法第3号営業「ナイトクラブ」 → 改正法第2号営業or特定遊興飲食店営業or飲食店営業
現行法第5号営業「低照度飲食店」 → 改正法第2号営業
現行法第6号営業「区画飲食店」  → 改正法第3号営業
現行法第7号営業「ぱちんこ店等」 → 改正法第4号営業
現行法第8号営業「ゲームセンター」→ 改正法第5号営業

まず、「1号営業」と呼んでいるキャバレー等(飲食+接待+ダンス)と「2号営業」と呼んでいる社交飲食店等(飲食+接待or遊興)が、1号営業に纏まります。
纏まりついでに施行規則も改正されるようで、大変読みにくい「規則の整備に関する規則」を、現行規則に当てはめてみると、客室1室の床面積の最低基準は16.5平方メートル(和風の客室は9.5平方メートル)以上、照度は5ルクス以上、騒音は条例で定める数値以上と現第2号営業の社交飲食店の基準から、ダンスに関する部分の規制が抜けただけになります。意外と話題に上がりませんが、これは大きいです。
ダンスをさせるキャバレー営業をしようと思うと66平方メートル以上の客室が必要であり、俗に「大箱」と呼ばれる箱でしか営業ができなかったのが、「小箱」でできるようになります。

次に、第3号営業を後回しにして、「第5号営業」と呼んでいるの低照度飲食店ですが、これも規則からダンスに関する部分の規制が抜けます。但し、客に遊興をさせる態様の営業を行う場合は、客室1室の床面積は33平方メートル以上(遊興をさせない場合は5平方メートル以上)必要となります。これは現行法の「ナイトクラブ」が関係するためですが、何故か矛盾を感じます。

「第6号営業」「第7号営業」「第8号営業」については、次回以降機会があれば・・・

最後に「第3号営業」と呼んでいるナイトクラブですが、これは原則としてこれはなくなります。
ダンスを「遊興」に含み、深夜に営業をするか?、酒類を提供するか?、営業時の客室内の照度はどの程度か?を基準に考えるといいようです。

まず営業照度で区分します。
客室内の照度が10ルクス以下で営業する場合は、そもそも前に書きました「改正法第2号営業」の低照度飲食店となります。そして「遊興をさせる態様の営業」となりますので、客室1室の床面積は33平方メートル以上必要となります。

次に営業時間及び酒類の提供での区分となりますが、条例で異なる定めができますので基本的な部分で理解となります。
午前0時から午前6時に営業し、酒類を提供する場合は、改正風営法で定める「特定遊興飲食店営業」の許可が必要となり、客室1室の床面積は33平方メートル以上必要となります。また営業可能な地域も限定されます。
ちなみに京都府は「木屋町及び祇園界隈」に限定されるようです。

また、特定遊興飲食店営業は、「ダンス」に限らず「遊興」を規制の対象としていますので、次のような場合は遊興にあたるとして、通達が出されています。

  1. 不特定の客にショー、ダンス、演芸その他の興業等を見せる行為
  2. 不特定の客に歌手がその場で歌う歌、バンドの生演奏等を聴かせる行為
  3. 客にダンスをさせる場所を設けるとともに、音楽や照明の演出等を行い、不特定の客にダンスをさせる行為
  4. のど自慢大会等の遊戯、ゲーム、協議等に不特定の客を参加させる行為
  5. カラオケ装置を設けるとともに、不特定の客に歌うことを推奨し、不特定の客の歌に合わせて照明の演出、合いの手等を行い、又は不特定の客の歌を褒めはやす行為
  6. バー等でスポーツ等の映像を不特定の客に見せるとともに、客に呼び掛けて応援等に参加させる行為

ただし、次の行為で上記に該当しない場合は、遊興に該当しないとも通達が出されています。

  1. いわゆるカラオケボックスで不特定の客にカラオケ装置を使用させる行為
  2. カラオケ装置を設けるとともに、不特定の客が自分から歌うことを要望した場合に、マイクや歌詞カードを手渡し、又はカラオケ装置を作動させる行為
  3. いわゆるガールズバー、メイドカフェ等で、客にショーを見せたりゲーム大会に客を参加させたりせずに、単に飲食物の提供のみを行う行為
  4. ボーリングやビリヤードの設備を設けてこれを不特定の客に自由に使用させる行為
  5. バー等でスポーツ等の映像を単に不特定の客に見せる行為(客自身が応援等を行う場合を含む。)

要は、客が勝手にやる分には「遊興」をさせることに該当しない。とされる様ですが、スポーツバーを現に営業される方にとっては、理解に苦しむ部分が多いのではないでしょうか。
将来、「スモウバー」をやりたい私にとっても、どのように理解すべきか分かりません。「春場所応援セール!」等とうたって深夜に酒を提供し、取り組み映像を見せて営業した場合などは、応援等に参加させる行為になるのでしょうか?

とまあこんな感じですので、今後警察の方と相談して形を作っていくしかないような気がします。

大変読みにくい改正規則等を簡単にまとめてみただけですので、ここに書いていないこともいろいろとあります。
お問い合わせやご質問はLINE@でお問い合わせいただければ、できる限り順次返答いたします。
LINE@のQRコードは↓です。

IMG_3358

今日はここまでです。千秋楽を見ながらくつろぎたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です